引越しに関する子どもの手続き

引越しに関する子どもの手続き

お子さんのいるご家庭では、引越しに伴って子供関係の手続きも発生するはずです。就学中のお子さんがいる場合には、転校手続きを行わなければなりません。引越し先や公立の学校か私立の学校かによっても、手順に違いが出てきます。

 

公立の学校では、市内の引越しなら在学していた学校から「在学証明書」と「教科書給与証明書」を発行してもらいます。役所で転居届けを提出した上で、教育委員会から新しい学校の指定を受け、「入学通知書(就学通知書)」の交付を受けます。これらの書類を転校する学校に提出したら、完了です。市外への引越しなら、在学している学校から「在学証明書」と「教科書給与証明書」の交付を受けます。
現在住んでいる役所に転出届けを出し、「転出証明書(転出通知書)」を発行してもらったら、引越し先の役所で転入届を出すとき、一緒に「転出証明書」も提出します。さらに教育委員会から新しい学校の指定を待ち、「入学通知書(就学通知書)」の交付を受けます。転校先の学校に、「在学証明書」「教科書給与証明書」「入学通知書」を提出したら終了です。

 

私立学校の場合には、公立学校のように転入生の受け入れの手続き方法は統一されていません。転入したいと思う学校にあらかじめ問い合わせをして、確認しましょう。幼稚園・保育関係の手続きも、それなりに手間がかかります。

 

まず、幼稚園は自分で探して手続きを行います。受け入れてくれる幼稚園を探すのが、一苦労なようです。保育園も待機児童が多く入園できない場合もあるので、引越し前によく確認しておきましょう。それぞれ特色が異なる幼稚園や保育園は、見学に行ってから入園を検討してみるようにしましょう。

 

最後に、医療助成の手続きがあります。地域によっても異なりますが、多くの地域で受けられるようになっていますので、役所で確認してみてください。